私とカタカムナ

【1】カタカムナ医学の誕生
【2】カタカムナは電子や素粒子の修復を行う
 【3】立体のカタカムナ文字
【4】カタカムナウタヒであらわれる球体
【5】発見した新たなカタカムナ
【6】カタカムナ数字

■カタカムナ文字を立体にしてみる
内容を読み解いていると、下記のようなことを推測した。

カタカムナウタヒの内容からみると、カタカムナ人は、高次元の脳を使い、高度な文明を築き上げていたのではないだろうか。
カタカムナ文字は、単なる二次元の平面の文字ではなく、三次元立体文字としてつくられ、使われてきたのではないのか。便宜上、三次元の立体文字を平面で書いた文字ではないのか。もしかしたらカタカムナ人は、カタカムナ文字を立体文字として見えて書いていたのではないか。
そこで立体文字の模型を作ってみた。

やはりカタカムナ文字が立体だったのは間違いない!
カタカムナ人は立体の文字を読むことで進化してきたのだ。立体文字を使いこなすカタカムナ人は、現代人より高次元の働きをするスーパー脳をもつと考えられる。

■中心図形ヤタノカガミも立体にしてみる
実際、ヤタノカガミを立体にしたものをつくってみたところ、空間にかなり強い影響を与えることがわかった。カタカムナ文献に記されたヤタノカガミの形は、立体または超立体を二次平面に薄くしたものである。立体または超立体のヤタノカガミを、別次元に対するアンテナとして使うことができれば、見かけ上は私たちがいる三次元世界の四次元空間にいながら、五次元空間である四次元世界にも同時にいることができる。
これは、すごいことで超一流の気功師の数千倍もパワフルなエネルギーを得たことになる。ヤタノカカミ(八咫)は、古代から日本の天皇家に伝わる神宝、「三種の神器」の一つとされ、祭祀で使う鏡を指した言葉とされているが、やはり意味があったのだ。


『【4】カタカムナウタヒであらわれる球体』

丸山修寛

丸山修寛
東洋医学と西洋医学に加え、電磁波除去療法、波動や音叉療法に取り組む。その確かな治療法には定評があり、独特の治療法は多くの健康雑誌に取り上げられている。

↑ PAGE TOP